歴史

 

聞名寺の歴史

聞名寺の歴史
 
願智坊覚淳
 
 正応三年(1290)三月、聞名寺の祖・願智坊永承は、美濃国各務郡平島において、
本願寺三世覚如上人のお弟子となり、「覚」の一字をいただき、名を覚淳と改め
お念仏の第一歩を踏み出しました。
 
 
 
飛騨聞名寺
 
願智坊は美濃に24年、
次いで正和三年(1314)、飛騨国武原郷落合(益田郡小坂町落合)の道場を(現在の福應寺)、
元享三年(1323)飛騨国高原郷吉田(吉城郡神岡町吉田)に一寺を建立し、
嘉暦元年(1326)、覚如上人より「執持鈔」とともに「聞名寺」という寺号をいただきました。
 
 
 
 
越中聞名寺
 
 聞名寺がはじめて越中に入ったのは応仁二年(1468)、
本格的に拠点を移したのは大永四年(1524)であったと伝えます。
 八尾南部の山間地(乗峰や倉ヶ谷など)を経て、
福島の台地に一旦寺域を構えましたが、
越後上杉勢の来襲に備え、
天文二十年(1551)、三方を崖に囲まれた旧い砦の址、「八尾前山」(現在地)に移りました。
 
 その後寛永十三年(1636)境内に八尾町建てがなされ、
当寺は町そのものの母胎として今日に至っています。
 
 
 
お念仏と合掌の姿
永い歩みを振り返って誇りとともに堂々といえるのは
 
「お念仏こそが何よりも強い」
 
ということです。
 
戦乱に逃げ惑い、飢饉に苦しみ、疫病に悩み、天災地変に押し流されながらも、
武力も財力も持たぬ、名もなき人々が、
こころの支えとして大切にしてきたお念仏と合掌の姿。
それが奔流する世相の中、ただひとつ生き残り、
当寺を支え、法灯を守り、今日の私たちにみ教えを伝えてくださっているのです。
これこそ如何なる権力にも耐え抜いた、小さな「まごころ」の勝利だと言えるでしょう。
 
価値観をはじめ、一切のものが大きく変化する現代、
 
  「何が最も大切であり、何が真実なのか?」 
 
この問いかけに歴史は静かに答えを私たちに教えてくれています。
ご先祖様の歩まれた道を学び直す事により、
明日への「生きる知恵」とさせて戴きたいと思います。
 

概要

概要
  名称 聞名寺
  宗派 浄土真宗本願寺派
  所在地 〒939-2353 富山県富山市八尾町今町1662
  電話番号 076-455-2028
  FAX番号 076-455-2037
  代表者 住職 霧野 雅麿
  創立年月日 正応三年(1290)三月
 

沿革

沿革
  正応三年(1290)三月 願智坊が本願寺三世覚如上人のお弟子となる
  元享三年(1323) 飛騨国高原郷吉田に一寺建立
  嘉暦元年(1326) 「聞名寺」の寺号をいただく
  応仁二年(1468) 越中入国
  天文二十年(1551) 現在地に移転
  寛永十三年(1636) 境内に八尾町建て
  文化九年(1812) 現本堂建立
 

交通アクセス

交通アクセス
 
住  所:〒939-2353 富山県富山市八尾町今町1662
アクセス:●越中八尾駅 徒歩約20分 ●聞名寺下バス停 下車すぐ
聞名寺
〒939-2353
富山県富山市八尾町今町1662
TEL:076-455-2028
FAX:076-455-2037
008043
<<聞名寺>> 〒939-2353 富山県富山市八尾町今町1662 TEL:076-455-2028 FAX:076-455-2037