本文へ移動

今月の行事予定

RSS(別ウィンドウで開きます) 

新年あけましておめでとうございます

2015-01-01
超日月光
 
大いなる宇宙に輝くどの星よりも
 
はるかに偉大なるみほとけの尊さが
 
ただ一言のお念仏にあると 教えられた時
 
その限りない光明の中に包まれ
 
生かされている私であったと・・・・
 
気づくであろう
 
 
正信偈「超日月光照塵刹 一切群生蒙光照より)

12月の行事予定

2014-12-01
12月31日(水)  除夜会
 
 11時30分より除夜の鐘を撞きます。
 
 場所 : 聞名寺鐘撞き堂
 
  参拝者の方にも鐘を撞いていただいています。
     
 
1月1日(木) 修正会
 
 時間 : 午前1時より
 
 場所 : 聞名寺本堂
 
      太子堂
 
 
どなたでもどうぞお参りください。
 
※ 12月は定例法座はお休みです。
  次の定例法座は3月14日になります。

11月14日 定例法座を行いました

2014-11-14
11月14日に定例法座を行いました。
 
11月の定例法座は、尼御講の報恩講を兼ねていますので、お斎を用意させていただきました。
 
午前9時半より
 
教行信証のお勤め
 
富山教区 山陰 章演 師より法話をいただきました。
 
午後は1時半より
 
般舟讃のお勤め
 
引き続き山陰先生よりお話をいただきました。
 
 
~法話より~
 
 正しくお念仏をいただくこと
 
帰命 
 
帰って来いと命じてくださる
 
「気づけ」と命じてくださる
 
無量寿
 
大きな命
 
私のところまで来て
 
私が 今 ここで 生きている
 
親がいてくれたから
 
その親にも親がいた
 
一番最初の親は?
 
命のはじまりは?
 
数えきれない命の中に
 
無量寿の中に今生かさせてもらっている
 
 

11月1日・2日 報恩講を行いました

2014-11-02
11月1日・2日に聞名寺本堂において報恩講を行いました。
 
講師は富山教区 黒東組 円照寺住職 廣幡浩司師 よりご法話をいただきました。
 
1日目9時半より
 
「正信偈」のお勤め
 
午後は1時半より
 
「日没礼讃」のお勤め
 
2日目は
 
午前9時半より
 
「般舟讃」のお勤め
 
午後は1時半より
 
「重誓偈」のお勤めにつづいて
 
「執持鈔」の拝読がありました。
 
 
報恩講ではお昼に、参拝者の方に庫裡にてお斎をご用意させていただきました。
 
 
~法話より~
 
南無阿弥陀仏とは親の名のり
 
あらんかぎりの力で名を名のり、存在をしめそうとしてくださっている
 
親鸞聖人の「鸞」は中国の伝説上の鳥の名です
 
鳳凰の一種で、大変美しく、体は赤く金銀の長い尾をもち
 
20の音色の声で鳴きます
 
しかし綺麗すぎて、自分のヒナが自分のことを親だと思ってくれないのです
 
そこで親鳥は泥水をかぶって体を黒くします
 
それでやっとヒナは自分を親だと思ってくれるのです
 
 
 
あらゆる手だてで存在をしめしてくれる
 
南無阿弥陀仏とは
 
帰命無量寿如来 アミターユス いつでも
 
南無不可思議光 アミターバ  どこでも
 
私のためにはたらきつづけてくださっている阿弥陀様の願いなのです
 

10月14日 定例法座を行いました

2014-10-14
台風の影響が心配されましたが、10月14日に定例法座を行いました。
 
朝のお勤めは、9時30分より
 
「顕真実教行証文類」
 
その後、山口教区 村田亜紀子より、ご法話をいただきました。
 
お昼のお勤めは、13時30分より
 
「般舟讃 はんじゅさん
 
引き続き、村田先生からご法話をいただきました。
 
 
~ご法話より~
 
「 聴く」とは、ありのままをそのままうけとめること
 
自分のことを許せなかった
 
その許せそうもない私を、そのままに包み込んでくださっている
 
苦しみ迷いの真っ只中
 
しかし差し込む光によって
 
安心の世界に転じさせていただく
 
 
あなたにこそ聞いてほしい世界がある
TOPへ戻る