おたよりブログ

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
終戦の日
2014-08-15
8月15日の終戦記念日には、正午に梵鐘を撞きます。
 
当寺の梵鐘の撞座には「帰命無量寿如来・南无不可思議光」を陽刻し、
 
池の間には大無量寿経より
 
「天下和順・日月清明・国豊民安・兵戈無用」と銘記してあります。
 
これは以前の鐘が昭和十七年、太平洋戦争時に数多くの仏具類とともに金属供出の命にあい、
 
長い戦乱のあと、昭和二十三年に、平和の有り難さを痛感して創られたこころを継いでの謂であります。
 
現在の梵鐘は、平成十七年に再度鋳造したものでありますが、
 
平和への思いを受け継いで、夏の空に荘厳な音を響かせました。
 
ハミズハナミズ
2014-08-14
ピンク色の「ハミズハナミズ」の花をいただきましたので、お供えさせていただきました。
 
この花は、葉が落ちてから花が咲くので、「葉は花を見ず、花は葉を見ず」という意味でそう呼ばれるそうです。
 
夏水仙とも言いますが、ヒガンバナ科の植物です。
 
お盆の時期、田んぼの畔屋や墓地の隅に咲いているのをよく見かけます。
 
 
 
 
 
 
盂蘭盆会
2014-08-13
 
お盆の期間中は、当寺でお遺骨をお預かりしている方の法名を、仏間に飾らせていただいています。
 
どうぞお参りください。
 
8月6日から8日まで太子伝会を行いました
2014-08-08
太子堂
聖徳太子絵伝の絵解き
ネギ、しょうが、みょうが、しそなどのお好みの薬味をのせていただきます。
8月6日から8日までの3日間、太子伝会が行われました。
 
 暑い時期のお参りなので、体調を崩される方がいないか心配をしていたのですが、
 
本堂は風が通り涼しかったです。3日目には雨が降り、少し肌寒いくらいでした。
 
 
朝のお勤めは、午前9時30分から
 
太子堂にて「聖徳太子奉賛和讃早引き」
        
 本堂にて「讃仏偈」
 
 
その後、聖徳太子絵伝絵解がありました。
 
今年は第2幅目で、
 
蘇我入鹿と物部守屋の戦乱の話から始まりました。
 
池田理代子の漫画「聖徳太子」より、
 
負傷した兵士たちから「助けてくれ。おいていかないでくれ。」の叫び声を聞き
 
「これは地獄だ。この光景に目をつぶり、彼岸の悟りを願って何になるというのだ」
 
「私も人の子ならば敵の兵もまた人の子、この剣を人の子の血で染めながら、仏法を修め、我が魂の救いだけを求めて何になるのだ」
 
(決めたぞ。私はこの地上での力を手に入れる。そうしてまさにこの現し世に仏法を実践してみせる)
 
 
印象に残る太子のセリフを紹介されながら、わかりやすくお話いただきました。
 
 
お昼には庫裏にて、冷たいそうめんをみんなで一緒にいただきました。
 
 
お昼のお勤めは、13時30分より
 
太子堂にて「聖徳太子奉賛和讃早引き」
     
 
     「聖徳太子略縁起」拝読
   
 
本堂にて「重誓偈」
 
引き続き、法話をいただきました。
 
金子みすずの詩を紹介していただいたり
 
「諸悪莫作、諸善奉行」に関連して死刑制度の問題など、
 
プロジェクターを使いお話しいただき、とても考えさせられました。
 
 
 
8月の行事予定
2010-08-04
4日 夏季講習 聞法のつどい(善解組主催)
   9時30分~15時
   講師:松尾宣昭師
 
7日 暁天講座(善解組総代会主催)
   6時~
   講師:藤島秀恵師
 
 
 
6日~8日
   
  太子伝会
   
   午前 9時30分~
   太子堂 お勤め 「聖徳太子奉賛和讃早引き」
        
   本堂  お勤め 「讃仏偈」
 
      聖徳太子絵伝 絵解き
      
      ご法話
 
 
 
   午後 1時30分~
   太子堂 お勤め 「聖徳太子奉賛和讃早引き」
       
       「聖徳太子略縁起」拝読
   
   本堂  お勤め 「讃仏偈」
 
       聖徳太子絵伝 絵解き
       
       ご法話
   
 
 ※太子伝会ではお昼に庫裏にて、冷たいそうめんを用意しております。
  
 
 どなたでもどうぞお参りください。 
聞名寺
〒939-2353
富山県富山市八尾町今町1662
TEL:076-455-2028
FAX:076-455-2037
009150
<<聞名寺>> 〒939-2353 富山県富山市八尾町今町1662 TEL:076-455-2028 FAX:076-455-2037